2013年11月28日

クリスマスプレゼントのルール



クリスマスが近づいて来た…。

クリスマス準備は大嫌い。

その理由が、そう、クリスマスプレゼント


毎年毎年…膨大な量のクリスマスプレゼントを毎年人数が増えるノルウェーの家族に送っている。家族みんなに1つ、なんて生易しいものではなく、一人一人にプレゼントを送る。

去年、一昨年、誰に何を贈ったのか忘れる。
毎年毎年、誰に何を贈るか悩む。

でもよく考えると、私はノルウェーの家族から毎年の様に、靴下、マフラー、手袋という防寒グッズをもらう。手袋なんて、10ペア以上持っている。

それだけではなく、複数の家族から同じものをもらう事がある。
よくあるのがカレンダー。 ザ・ノルウェーって感じの景色のカレンダーは毎年3セット近くもらう。あれだけ人口が少ない国でこれだけの種類の愛国心あふれるカレンダーが生産されている事に驚く。

つまり、同じものを贈ってもいい。贈ることに意味があるねん。

なので、以下のルールを設定。

ルール1:去年と同じプレゼントを送ってもよし



子どもって面白いなあ…と思ったのが、姪っ子が言っていたこと。

「去年弟はクリスマスプレゼント3つもあげたでしょ。私は1つだったのに」

と言われてしまった…。

去年は甥っ子にクリスマスプレゼントを3つ送った。
と言っても、チョロQの車みたいに小さいものばかり、買った時にそれぞれのお店でラッピングしてくれたため包装は別であったがどれも安いもの。姪っ子にはもっと高いプレゼントを送った。それでも、数で言うと姪っ子1vs 甥っ子 3。

そうか…数も大切やねんな。子どもは値段とか分からんもんな。

そこで、次のルールを設定。


ルール2:子ども達はプレゼントは一人1つ



旦那くんの日本生活が長くなってくると、「日本の物」という新鮮さもなくなる。ノルウェーの家族もそれほど日本には興味を持っていない事に気付く。

そして、考えると私も、ノルウェーの家族から日本でも買えるものをもらう事がある。

そこで、次のルールを設定。


ルール3:ノルウェーで買えるものでもいい



「ノルウェーでは買えない珍しいもの」「目新しいもの」「喜ばれるもの」「必要なもの」など色々と考えて困っていたが、そういったプレッシャーから自分を解放する事で、プレゼント探しがかなり楽になった気がする。

今年はこのルールのおかげで着々とプレゼントを用意し、もうノルウェーに送る準備ができた。これが全部で5kg越え…送るのも安くはない。

クリスマス大好きな国の人と国際結婚してしまったから仕方がない事やけど、このクリスマスプレゼントの習慣、どうにかならんのか…。


「もう止めようや!みんなこのお金をほんまに必要なもんに使おうや!」と、さすがの私でも外国人の嫁としては言えん…。

0 件のコメント:

コメントを投稿