2014年10月31日

人生で一番美味しかった物


昨晩のこと、お夕飯を食べながら、「今までの人生で一番美味しかった物」という話題になった。



なんやろな…結構何でも簡単に感動するからなあ…と考えていたら、旦那くんは


ホットドッグです。


と即答。


ホッ…、ホットドッグかいなー…



何でも12歳位のころ、お祖父さんにオスロまで連れて行ってもらった帰り道、Drammenの近くで寄ったお店で食べたホットドッグが絶叫もんに美味しかったと。

でもホットドッグやろー。普通のホットドッグと何がどうちゃうねんー。

ひょっとしたら、普通のホットドッグと何ら変わらなかったのかもしれません。でもあの時は楽しい一日を過ごし、お腹が空いていました。食べた瞬間に、世界中の分子が完璧に並び、天使が歌っているようでした。


…ふーん。でも言うてもホットドッグやで。


引き続き私は何かな…と考えていたら

あ、あ…でも、君が毎日作ってくれるご飯が最高に美味しいです。

遅いわ!ホットドッグ即答したくせに。
気使っていらんわ。ホットドッグ>私の手料理、でええよ。



私は結局、「オーストラリアのエアーズロックリゾートで食べたメロン」ということに。一日中砂漠の乾燥したとこを歩いてクッタクタになった夜、ビュッフェにあったメロンにいたく感動したのをおぼえている。こんな砂漠の真ん中でこんな美味しいメロンが食べられるなんて〜!って。


ホットドッグとあんまり変わらんな(笑)





にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2 件のコメント:

  1. 美味しいものってきっと、それにかかわる状況や人も加味されるんだと思います!高いものや須すごく美味しそうなものが誰かにとって一番だったとしても
    「忘れられないほどおいしい」と感じたものは、
    とても色濃く素敵な思い出がとてもいいスパイスになってるんじゃないですかね?(笑)

    返信削除
    返信
    1. 素敵なコメントありがとうございます♥「思い出がいいスパイス」ってなんか詩みたいで素敵!
      いつかホットドッグに勝る思い出を家族で作って行きたいなー!と。

      削除