2015年2月2日

ママ友会デビューで疲労困憊




先週の金曜日、雪積もりましたねー。東京は積雪2cmとニュースで言ってたけど、寒くて暑いことで知られる我が区の周辺は、10cm近く積もっていました。近くの公園まで小猿を連れて行くと、まさかの顔から雪へダイブ。そして雪を食べ放題。あんた犬かいな…。足が雪にズボズボ入る感覚が面白いらしく、キャッキャ声を出して笑いながら、公園を歩きまわって遊んでいました。

どんなに寒くても外で遊ばせようとするノルウェー人がいるので、小猿に防水のフル防寒服と長靴を買ったのですが、それが大活躍!この冬はスキーはパスかなと思ってたけど、小猿がこれだけ雪好きやったら行けるかも!?



* * * * *


先週の日曜日は、前の会社の先輩たちとママ友会に初めてお呼ばれ。

プレールームやスイミングで知り合ったお母さんやその赤ちゃんのお家に遊びに行ったり、一緒におでかけをしたことはあったけど、「ママ友会」として誘われたのは初めてで、ドキドキしながらママ友会デビュー!

先輩たちの子どもは、幼稚園の子がほとんどで小猿よりも少し年上なのと、日曜日で旦那くんが小猿と一緒に過ごしたいと言うので、小猿は旦那くんに預けて参加。




ママたち、旦那の愚痴話がめっちゃ盛り上がるったら。圧倒された。

中でも盛り上がったのが、今放送されている「残念な夫」というドラマについて。我が家はテレビを見ないので、勿論このドラマを見ておらず、話題に付いて行かれへん…。でもどうやら、すごく「あるある」な内容になっているらしい。

これが世間一般的にどんだけあるあるなんか分からへんけど、これがほんまやったら酷い。日本のお父さん、何してんの、頑張ろうや、というレベル。そしてそれ以上に、日本のお母さん頑張ってる。先輩たち、家事に子育てに…凄すぎる。


時々話を振られても、なんかね…「いや、うちはそんなことないですね…」としか答えられないことばかりで、めーーーっちゃ空気が読まれへん返答しかできず。かと言って、嘘をついてまで旦那くんの愚痴を言う気にもなれず。

そのうちに、何を言っても「あんたのとこの旦那は、全然残念ちゃうから!」「嫁が遊びに行く間子どもを見てくれてるだけでもどんだけ良いかー!」などとピシャリ!と言われてしまい…いや、それって悪いことやないんですけど!と心の中で思いながらも、ものすごい肩身が狭い思いをしてしまった。なんやこのアウェー感は!!!!


うーん、いや、こうやって友人で集まって、旦那の愚痴を言って、ストレス発散して、それでまたママたちが頑張れるんやったら、それはそれでアリなんやと思うけど…。でもよその家庭のことって他人には分からへんやん。知りもしないのに、あんたの旦那は〜、とか、国際結婚やから〜、とか決めつけられるのは、あまり気持ちのいいもんとちゃうかった。

確かに旦那くんは、よく子どもの面倒をみてくれるし、家事もよくしてくれる。せやけど、私なりに旦那くんの愚痴を言いたくなることやてあるし、全てがバラ色なわけではない。私なりに我慢したり、妥協したりしながら、子育てをしている。

この間かて、旦那くんが私の逆鱗に触れる発言をして、喧嘩をしたばかり。翌日懺悔のお花を買って来はりました。でもこれを先輩たちに言ったら、「謝るだけでもマシ!」とかまたギャーギャー言われるんやろうな。ヒーコワイー。


「お花がゴメンナサイ…と言っています」と言ってはりました。

旦那さんが、明らかに家事や育児を手伝ってくれへんのは、愚痴を言いたくなるんはわかるけど、旦那の鼻息の音とか、靴の脱ぎ方とか、存在そのものにも愚痴を言われる旦那さんたち…。多少は面白おかしく誇張している部分もあるとはしても、聞いていてしんどかったー。

すぐ近くで遊んでいる子供たちは、自分のお父さんの愚痴を言われているわけで、嫌な気持ちにならへんのかな…とおばちゃん心配しれもうたやん。


愚痴を言っても何かが変わるわけやないし、それやったらお互い頑張っていることを誉めあったほうが気持ちがいいやんかー!…というのは、正論過ぎてあかんのやろな。



疲れました、このママ会。もういいかな…あかんかな…。




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

0 件のコメント:

コメントを投稿