2015年2月20日

お母ちゃん、Mammaに惨敗


1歳になり、お喋りが始まった小猿。


初語は、やはりパッパでした。
旦那くんを指差しパッパ!パッパ!と言われると、旦那くん感涙。


夜、玄関のドアが開く音がするとパッパ!、朝旦那くんが子ども部屋のドアを開けるとパッパ!、旦那くんの姿を見る度にパッパ!パッパ!言うてはります。


お母ちゃんよりも先にパッパを言われて悔しいふりしていたけど、朝目が覚めて一番にパッパ!と呼ばれると、暖かいベッドから出て子ども部屋に行かなあかん。なので、寒そうにベッドから出る旦那くんの姿を見て、私はベッドでぬくぬしながら「ふふふ」と思ってたり。


その他には、おちょ(よいしょ)、どじょ(どうぞ)、ボー(ボール)、ワウワウ(わんわん)、ブーブー(車)は、わりと頻繁に口にしています。私が小猿に物を渡す時に「どうぞ」と言っているためか、「どじょ」を言って指さすと手渡してもらえると学習したらしく、一日中どじょどじょ言ってる。



そして…例の、「Mamma vs お母ちゃん」はと言いますと…




お母ちゃん、Mammaに惨敗




めっちゃMamma、Mamma言うてはる。




いやね、最初のうちは、Mammaやなくて、Num Num(ノルウェー後でモグモグの意)と言ってるんやと思ってたんですよ。我が家では小猿の食事のことをNum Numといつも言っているので。

Mamma を言うのは、食事の時間の前や、お昼寝から目が覚めた時(おやつ前)などの決まってお腹が空いた時。そやから、なんやうちの子はいっつもお腹が空いてるんかいな、と思っていた。


そしたら先日、プレイルームに友人と遊びに行った時、外に忘れ物をした私が友人に小猿を預けて忘れ物を取りに走った際、小猿が


まんまああああああああ゛
まんまああああああああ゛


と絶叫していたらしい…。


旦那くんが小猿とお風呂に入っていて、私がお風呂をのぞくとMAMMA!って言い私を指差して喜ぶし、私を呼ぶときはMammaと言っている…。


悲しいわ…。


よーーーーく聞くと、Mammaはマンマというよりもママという感じで、空腹時やご飯を指差していう時のNumNumは、ナナやった。多分。ひょっとしたら両方マンマやと思ってる?


悲しいわ…。


Mammaの方がお母ちゃんより発音しやすいから、仕方がないかなと思うんやけど、やっぱり未だに諦めきれずお母ちゃんに恋焦がれる私。もう少しちゃんとお話しできるようになってきたら、お母ちゃんに修正できるかな…。







にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

0 件のコメント:

コメントを投稿