2015年8月8日

ブログはやっぱり怖い!



我が家は今日から10日間の夏休みです!


小猿は旦那くんにべーーーーたりで、朝起きてからずっと二人で過ごしています。なのでお母ちゃんはめっちゃ楽チン!逆にお休みが終わった後の反動が怖いんですけどね…。それは考えずに、今はお休みを楽しみます!


* * * * *


先日家族でおでかけした時のこと。



出先で、とある家族連れを見かけまして。あれ?なんかどこかで見たことのある子だな、と思ってよく考えてみたら、私がいつも読んでいるブロガーさん一家だったんですよ!

声をかけようかなとも思ったけど、それはそれでどうなのかな〜、「いつもブログを読んでます!」なんていきなり声をかけられたら、ちょっと気持ち悪いかな…、とか思ってるうちに姿が見えなくなってしまって、結局目撃しただけに。

ブログでメッセージを送ろうかなとも思ったけど、後から「どこどこで見ました」と言われても…怖いですよね…なのでやめておきました。

その方は、子どもの写真を頻繁にブログに載せてはって、だから私も直ぐに分かったわけですが、よくよく考えるとそれって、めっちゃ怖い

こうやって、ブログで自主的に公開しているとは言え、自分の家族のことをなんとなく知る赤の他人に、公共の場所で幼い子どもと一緒にいるところを見られてるんですよね。

もし、私にその気があれば、後をつけられちゃうわけですよね…。いや、つけませんよ。でも、やろうと思えばできてしまう。どこに住んでて、とか、わかってしまう。


こんなに人が多い東京でさえ、こんなことがあるんやもんー!もっと人の少ない場所やったら、個人を特定するのなんてもっと簡単なんやろうな。



* * * * *


私の「子どもの写真をブログに載せない」、というのはひとつのポリシーであって、別のブロガーさんには別のポリシーがあって、それが合ってる間違ってるの判断はできないと思う。

でも、やっぱり、子どもの個人情報の保護って、私には譲られへんわ!と再実感しました。不特定多数の人がアクセスできるインターネットってやっぱり怖い!ブログって怖い!個人情報はお金を出しても欲しい人がわんさかいる時代ですからね…。


でも、ブログは悪いことばかりでないのも事実。私も色んな人のブログを読ませてもらって、単純に面白いエンターテイメント的なもの、特に育児や海外生活に関して勉強になるもの、日々の生活の中でしんどいことがあっても励まされるもの、なども多いんですよね。

自分自身、自分の時間をキープできるものであるし、考えや気持ちのはけ口にもなっていたりして(この記事もまさにそうですが…)。

なーんてことがありました。脳内だだ漏れの記事で申し訳ありません…。



最近Facebook疲れしていてアクセスは必要最低限にしているんですが、旦那くんが、「Facebook is like opening the fridge when you are not hungry」という一文をどこかで読んだと教えてくれました。まさにそれやな〜と。Facebook、別にそこまで知りたくない情報がどんどん入ってくるんですよね。たいがい他人のどうでもいい自慢話ばかり(笑)でも開けているのは自分という悲劇。




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

0 件のコメント:

コメントを投稿