2015年10月10日

それはコーヒー中毒ではない。


北欧はコーヒー文化で有名ですが、実は私も旦那くんも、断然紅茶派です。味覚がお子さまなんでしょうね。

もちろん美味しいコーヒーを飲むと、美味しいなとは感じるけど、毎日は飲みたいとは思わないかな。それに、コーヒーを飲んだ口のにおいが大嫌いです。自分も他人も含めて。ずーっとコーヒーの匂いがしているのも、少し気分が悪くなってしまう。

実はオーストラリアに住んでいたころ、友人の紹介でカフェでアルバイトをしていたことがありますが、コーヒー豆の匂いが手につくし、ずーっとコーヒーの匂いがするので気分が悪くなってしまい、数ヶ月で辞めてしまいました。なので体質的に合わないのだと思います。

あ、でも、イタリアに旅行した時は、毎日ほぼ毎食後に飲んだし、エスプレッソもガンガン飲んで、めっちゃ美味しいなとも思った!旅行中やったからか!? 


* * * * *


ここ数ヶ月仕事が忙しかった旦那くんは、仕事前にカフェでコーヒーを買って職場で飲むのがスッカリ日課になっていたらしいです。お気に入りのカフェまで見つけちゃったとか。


最近は仕事も落ち着いたので、先日コーヒーを断つ決心を。私はそんな事もつゆ知らず、ある日なんや旦那くんの機嫌が悪いから何やねんと思って聞いたら、

コーヒーが飲みたいです…コーヒー中毒になってしまいました…。
と。

実は、旦那くんのお母さんがものすごくコーヒーが好きで、常にコーヒーを飲んではるんです。ものすごく細くて小食なのに、コーヒーは1日何倍も飲みはる。そんなお義母さんをいつも「不健康だ」と言っている旦那くん。だからか、「自分は絶対にコーヒー中毒にはならない」という強い信念があるらしいです。

でも旦那くん、君は毎日たった1杯飲んでただけやん!しかも何日も飲まずにおれてるやん!それは中毒ちゃうわ!口さみしいだけやって!

案の定、ミルクシェイクを作ってあげたら喜んで飲んで、コーヒーのことはすっかり忘れてはりました。わかりやすーい。

そもそもコーヒー中毒って言うんか?カフェイン中毒ではなくて??


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

0 件のコメント:

コメントを投稿