2015年1月31日

タンゴ虫とバーブー


タンゴ虫

NHKの番組「いないいないばぁ」の「わ〜お!」体操。子供のいる人は絶対知っていると思うこの曲。

小猿はあんまりテレビに反応せえへんのやけど、この「わ〜お!」だけはなぜか反応する。最近動きを真似することも増えてきて、1日1回の「わ〜お!」を楽しみにしている。

小猿が音楽に合わせて楽しそうに動き回るのをビデオに撮影して旦那くんに見せてあげたら、旦那くんも「小猿と一緒に踊りたい」と歌詞を一生懸命覚え始めた。

すると…


タンゴ虫はなんですか? タンゴを踊る虫ですか?

って…。

「だんご虫、だんご虫、待って待って待ってって…」という歌詞があるんやけど、ダンゴ虫をタンゴ虫やと思ったらしい。近いけど全然ちゃう!



バーブーバーブー

今日は消防博物館に行ってきたんやけど、消防車を見ると「バーブーバーブー」と言う旦那くん。なぜ今赤ちゃん?って思ったやけど、消防車のサイレンの音が「バーブー」と聞こえるという。ノルウェー語ではバーブーっていうん?????何回聞いてもめっちゃ違和感やわ。


バーブーバーブー


しょうもない小ネタでした。
そいでは引き続きGOD HELG!




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2015年1月28日

出産前に子どもの性別を聞かない理由


ここ2日間ほぼ徹夜やったけど…翻訳のお仕事、なんとか期限までに完了!!!疲れた…目から血出そう。ちょっとだけお手伝いした別の本が2月に出版される予定☆本になるとやっぱり嬉しいし、頑張ろうと思えるのだ。


* * * * *

先週末は、今妊娠6ヶ月のお友達に会ってきました。その子の通っている病院は、妊娠8ヶ月まで赤ちゃんの性別を教えてくれないという方針らしく、今から性別が知りたくてウズウズしていると…。


うちらは、妊娠中赤ちゃんの性別を聞かへんかった。

赤ちゃんの性別を聞いていないというと、「えー!なんでー!」ともんのすごい驚かれることが多くって、逆にこっちが驚くほど。

性別を聞かへんかったその理由は、単にその方が面白いからだって、人生でこんなにランダムなことってないと思う。コントロールもできなければ、知る由もない。どうせ10ヶ月したら生まれてくるんやもん、生まれたら直ぐに分かるんやもん、それやったら知らない10ヶ月を楽しみたいと思った。


実際ほんまに面白かったですよ。もちろん自分たちが分からんという面白さもあるけど、他の人の反応が面白かった。みんな勝手に想像してくれる、してくれる。

「このお腹の形は男の子やわ!」とか、「あんたの顔の表情が柔らかくなったから女の子やわ!」とか、言いたい放題。「オーラが読める」と豪語する友人なんて、「絶対に!」と言い切っていたのに外しとったし。50%の確率やのに外すって、全然何にも見えてへんやん!と、思いっきりツッコミ入れたった(笑)


でも、実はもう1つ理由が。これをいうと「ややこしい」と思われるやろうから旦那くん以外には言わへんかったけど、「女の子やから⚪︎⚪︎」とか、「男の子やから◻︎◻︎」とか、そういう社会から期待される性的役割から、できるだけ長い間我が子を守ってあげたかった。生まれてしまえば、「男の子やからやんちゃ」とか「女の子やから育てやすい」とか周りから勝手にラベルを貼られるんやもん、お腹におる間くらい好き勝手にさせてあげたかった。

旦那くんは、「聞いても聞かなくてのどっちでもいい」派やったから「なぜ性別を聞かないのか」と人に聞かれると、「妻のこだわりだ」と答えていたらしい。まあ、その通りなんやけどね。

赤ちゃんの性別を知らなくても、名前を決めたり、出産準備をしたり、というのは、実際のところ何も不便を感じへんかった。名前はきっと性別が分かっていても生まれて顔を見るまでは決められへんかったと思う。出産準備は、男の子やから青、女の子やからピンクといったこだわりも一切なく、気に入った物でそろえたので十分やった。

ま、これも子育てに100万通りの方法があるように、色んな意見があることやと思うけどねー。二人目も聞かずに産みたいなと思ってます。



* * * * *

面白い記事を見つけたのでここでご紹介。

↓リンク

Moms: What Finding Out Your Baby's Gender Before Birth Says About You

出産前に胎児の性別を聞かない親は、聞く親と比較して「伝統的な男女役割」を気にしない、そして「父親も母親も平等に子育てをすべき」という平等主義の思考を持つ傾向があるらしい。そしてこういう考えは、その後の子育てにも大きく影響してくるとのこと。



* * * * *


お腹が大きくなってくると、聞かれる質問ベスト3は、
① 予定日はいつ? 
② 赤ちゃんは男の子?女の子? 
③ 名前は決まってるの?

うちらは性別を聞いてなかった上に、名前も生後に考えたから、答えられるのは①だけというなんとも聞く人のテンションが下がる状況やった。





にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2015年1月26日

卒乳後、食生活が荒れている件


小猿が突発性発疹になったり、翻訳のお仕事が締切間近でお尻に火がついたり、色々と忙しい毎日ですが、そういうときに限ってブログを書きたくなる…という。

先週末は、新宿にある「東京おもちゃ美術館」に行って来ました。




0-2歳の赤ちゃんが遊べるお部屋があるので、小さいお子さんがいる方には、とてもオススメです。館内は木のおもちゃオンリーで、雰囲気もいい感じでした。

うちらは朝一番に行ったんやけど、30分後にはめっちゃ人が増えて来て、大人がわらわら、赤ちゃんの遊ぶスペースが…。朝早く行っといてよかった。また平日に行こうかな。その近くには消防博物館もあるので、次回行ってみたいと思います。

色々と遊びに行く場所があるのが東京のいいところやけど、どこに行ってもすごい人なのが嫌なところですね。

今回は食生活について…。



* * * * *


思えば妊娠してから2年弱の間、毎日毎日食べるものに気を使って来た。

妊娠中は、長かったつわりのおかげで殆ど食べられへんかったけど、それでも大好きな甘いものは控えて、食べられへんなりに栄養バランスに気を使っていた。そして授乳中は、和食、和食、和食。一汁三菜を基本にどんだけ根菜と焼き魚を食べたか…。おかげで和食の料理の腕があがったわ。

けど、授乳から解放された今、お夕食は著しく質が低下、私の食生活はめちゃくちゃになっとります。

まず、大好きなワイン。毎日食後にグラス一杯飲んでる…。旦那くんは基本的に週末にしか飲まへんから、「君はまた飲んでいるのか」と言ってくるけど、これまで我慢してきたから、飲み過ぎへん限りは黙認してくれてはるみたい。

そして食事のリズムはと言うと…朝食は、ほぼ食べるのを忘れる。昼食は、小猿がお昼寝をしている間、14時位にパンを台所で立ちながら食べる。でも夕方にお腹が空いて来て、お夕食を作りながらつまみ食いをする。そうすると、お夕食時には既にお腹がいっぱいで、あまり食べられず。というのがリズムになってしまった。

そして内容も酷いものに…例えば今週は…

月曜日:カレー
火曜日:カレードリア
水曜日:ラザニア
木曜日:ヤンソンの誘惑
金曜日:アヒージョ
土曜日:キッシュ
日曜日:ヒラメのムニエル

もちろんサラダとスープは毎日作り、日によってパンも焼いているけど、どれもオーブンでどーん!ほい食べろ!と作れるものばかり。炊飯器の出番が少ない!お味噌が減らへん!

でもこれが旦那くんに大ウケ。毎日「んんん〜♬」と喜んで、「最近君の作るディナーは最高だ」とめっちゃ褒めてくれるったら。手抜きやのにね。

もしや?と思って聞いてみると、
  • 魚の西京焼き
  • きんぴらごぼう
  • 筑前煮
  • ひじき
  • 里芋の煮っ転がし
  • 五目豆
  • 切り干し大根
は、
後2年は食べなくてもいいです。

と言われてしまいましたわ。
やっぱり旦那くんはね、食べ慣れた洋食の方がいいみたい。

今まで文句ひとつ言わずに付き合ってくれて、おおきに。でも、第二子ができたらまたお付き合いください。

今週は肉じゃが作ろう〜、ガパオも作ろう〜、スウェーデン風ミートボールも食べたいな(肉ばっかりやな…)

食べたいものが食べられるってこんなに嬉しいんですね、忘れてた。



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2015年1月23日

義母との関係


ノルウェーの義母との関係はとっても良いと思っています。

その秘訣は、何よりも距離と時差(笑)


というのは冗談として、うちのお義母さんは、天然さんでほんまに可愛い人なんです。一緒にいて楽しいし、全く気も使わないし、もっとお義母さんのことを知りたいなって思うし、こんなに良いお義母さんで幸せやなと思います。


うちの旦那くんは、優しさの塊なんやけど、どうやったらこんなに優しい人ができあがるんやろう?って思っていたら、お義母さんに会ってその謎が解けた。遺伝でした。


旦那くんのFacebookに「あなたは世界一の息子よ、とっても誇りに思うわ」と愛情溢れるメッセージを書き込み、旦那くんに書き込み禁止令をくらっても、めげずに息子への愛情を書き込み続けるお義母さん。可愛いです。


旦那くんもそうやけど、見た目があまりにも無害そうやからか、よく話しかけられるお義母さん。電車の中でも、レストランでも、常にガードダウンどこでも友達を作れるノルウェー人、貴重です(ノルウェー人は基本的にシャイな人が多いので)。


いつも「かわいい、ほっこりした北欧」と真逆のプレゼントをくれるお義母さん。プレゼントの使い道にはめっちゃ困るけど、遠く離れた私たちのことをいつも考えてくれている。嬉しいです。


旦那くんの渡日が決まった時、日本のことをビーチリゾート観光で賑わう発展途上国やと思って、「ノルウェー移住目当てで近寄ってくる女性に気をつけなさい」と旦那くんにアドバイスしたお義母さん。お義母さん!ここはタイではありません。

そして、ほんまに尊敬できるのが、子育ての流儀。

旦那くん曰く、お義母さんに怒られた事がないし、怒っているところを見たことがないらしい。悪いことをしても、「自分のした事をよく考えて」と言われるだけやった。勉強や進路についても全く口を出す事なく、「あなたがやりたい事をしなさい」と何でも応援してくれたらしい。

放任って言っちゃそれまでやけど、口を出さずに子どもの意見を尊重するんって難しいと思う。私は口うるさいから、あれやこれやと口を挟んで煙たがられるタイプの母親になってしまいそう。

まあでも、この子育てが成り立ち、旦那くんが今こうして立派に仕事につき優しい心を持った大人になれたんは、旦那くんの持って生まれた気質が大きい気がするけどね。


そんなお義母さん、今日がお誕生日です。

Gratulerer med dagen!!!

これからもどうぞ宜しくお願いします。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2015年1月19日

牛糞の臭いでノスタルジックになる夫


先週末は上野動物園に行ってきました。


私はほんまは、動物園は苦手。人工的なスペースに閉じ込められた動物を見ると何とも悲しい気持ちになるから。野生で生きていけない動物の保護、環境保護とか、教育、研究など色々な役割を担っているのはわかるけど、動物園におる子はみんな悲しそうで。でも子どもがおるとね、連れて行ってあげた方がええんかなという思いもあり。


前日から楽しみにしていたのは旦那くん。上野動物園のホームページを見ながら、「パンダを見るのは初めてです」「キリンを見るのは初めてです」「オカピとは何ですか?見たことがありません」「アイアイは何ですか?変な名前です。見たことがありません」「レッサーパンダも白黒ですか?」と見たことが無い動物にドキドキワクワク。

見たことないもん多過ぎやろ。ノルウェーの動物園にはなんもおらんのか?


おめあてのパンダ。



パンダを見てはしゃぐノルウェー人。さんざんワーオ!ワーオ!言うといて、感想は「かわいいけど怖い」「思っていたよりも茶色いし大きい」となんか微妙

肝心の小猿は、動物を目で追ってはいるもんの、イマイチ無反応。まあまだ1歳なったばっかりやからしかたないけど。

そんな子猿を、園内にあるふれあい広場的な場所に連れて行くと、最初に巨大な牛が迎えてくれた。体が大きいと、ウンチも大きい。そして臭い。「クチャチャーやなー!」と小猿と話していると、旦那くんが牛糞の臭いをクンクン嗅ぎ入れ

私はこの臭いが好きです。ノスタルジックな気持ちになります。


…。


なんでも、フィンランドに住んでいた時、毎年夏休みになると知り合いの牧場に2ヶ月ほど滞在していたと。そこでは家畜のお世話をしたり、大自然の中で思う存分遊んだりと、それはそれは楽しい思い出になっているらしい。なので牛糞の臭いがすると、楽しかった牧場生活を思い出すらしい。匂いって人の記憶と深く関連しているらしいからね。


満面の笑みで思い出話をしてくれたけど、そんな良い幼少時の思い出があるって素敵なことやけど…私にとっては臭い牛糞でしかないねん。臭いねん、思い出話は別の場所でしてくれ。


小猿はふれあい広場でヤギにヒツジ、モルモットやうさぎを触って上機嫌。帰り道は爆睡してくれた。

小猿はヤギのチェリーちゃんがお気に入りやった


お天気も良くポカポカ、初めての動物園日和で良い一日やったわ〜♡と、心ほかほかになっていたら、なんと帰宅してから小猿が39.6度まで熱発…。今日お医者さんに行ってきたら、突発性発疹やろうと言われてしまいました。高熱が出て私の膝から離れられず今日1日なーんにもできひんかったわ。昨日の夜のうちにカレー作っといてよかった…。






にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2015年1月15日

日本人赤ちゃんの睡眠時間が短い理由(持論)


タイトルの通りですが、日本の赤ちゃんは他国の赤ちゃんと比較して睡眠時間が短いというニュースを読みました。


↓リンクあり

世界一睡眠不足な日本の赤ちゃん…改善のカギは寝る環境にアリ?



日本人は成人でも他国と比較して平均睡眠時間が短いから、子どもの平均睡眠時間が短いというのも当然なんかもしらへん。別の記事(世界一「眠らない」日本の赤ちゃん、成長への弊害)では、その理由に「日本の子どもは親のライフスタイルに合わせた生活をしている子が多いから」を挙げている。夫婦ともに働いていると、どうしても遅くなるやろうし、少しでも長く子どもと一緒に時間を過ごしたいもんなあ。実際に、プレイルームで会うお母さんも、「うちの子は寝るの22時」「私たちが寝る時間に寝る」と言う人が多くて驚く。


この話題になると、旦那くんの持論が炸裂する。彼曰く、
日本人は明るい蛍光灯の照明が好きで、部屋をマクドナルドみたいに明るくし過ぎて、結果赤ちゃんがバッチリ目を覚ましてしまい、寝られない
らしい。


旦那くんは蛍光灯を目の敵にしている。
間接照明大好き。
キャンドルなんてもっと好き。


我が家は、小猿が日中過ごすリビングは、旦那くんの希望で間接照明しか設置していない。南向きのお部屋なので、日中はカーテン全開にして日光を浴び、太陽が沈むと付けたのか付けてないんかわからん様な暗い間接照明を付けている。これが小猿の睡眠を後押ししているらしい(持論)。

ノルウェー的な照明環境が、赤ちゃんの睡眠健康に良い影響を与える。

と言い張っております。


どうかな…。


そら、朝に日光を浴びると体内時計がリセットされるし、体には良いと思う。そしてガンガン明るい場所よりは、暗い場所におる方が眠たくもなると思う。でも小猿が良く寝るのは、何よりも小猿が持って生まれた体質?やと思うけど。そもそもよう寝る子なんやって。



うちの小猿は就寝19:00。朝は7時半頃に起きるから、これだけで12時間半寝ている。これに午後のお昼寝2時間を足すと、毎日約14時間半は寝ている。日本の赤ちゃんの平均睡眠時間は11.3時間らしいから、余裕で平均オーバーしている。



ぷーすかよう寝てくれることに問題はないんやけど、いつになったら一緒にお夕飯が食べられるんやろう…。

今は17:30にお夕食を食べて、18:00にお風呂、お風呂後はお布団で一緒にゴロゴロしていると、19:00には寝てしまう。大人は小猿が寝てからお夕食を食べてるんやけど、やっぱりもう1歳やし、孤食は食育のことを考えても良くないかなーと思う。

15:30におやつをあげてるんやけど、17時半になるとお腹がすいたのと眠たいのでキーキーぐずるから、お夕食を食べるのは頑張って粘っても18時。その時間やと旦那くんは帰ってないしなあ。心配せんでも体力付いて来たら、もうちょっと遅くまで起きてられる様になるんかなあ…。




ということで、赤ちゃんの睡眠時間が短くて困っていらっしゃる方、ノルウェー的な照明環境を試してみてはいかがでしょうか※。




※効果の保証は全くできません。





にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2015年1月13日

カタカナ様



外国人と結婚し、名前を変えた人にとっては「あるある」なんかもしらへんけど、先日あった面白いエピソードをシェアします。



* * * * *


去年の年末、何を思ったかいきなり「散髪に行きたい」と言いだした旦那くん。

旦那くんは、普段は自分でシェーバーで散髪している。「美容院に行っても日本人は外国人の髪質に不慣れやし、頼んでもいないのにマッサージされるし、高いし、いいことがない」っていっつも文句ばっかりやったくせに。

私からすると、「外国人の髪質に不慣れ」とか言うけど、いつも2-3mmに刈り上げてるだけやのに、不慣れやからって何が変わるねんって。誰がやっても一緒やろって。

まあでも行きたいというから、年末で混んでいるやろう時期やったし、近所の男性メインの美容院に予約の電話をした。



電話で予約をするとき、外国名やといつも困る。ジョンソンとかスミスとかいかにも外国名やったら問題なく伝わるんかもしらへんけど、うちの苗字は微妙に日本語にも聞こえる。面倒やから、レストランなどは私の旧姓で予約をすることが多いんやけど、さすがにあの金髪頭が日本の苗字を名乗って行くのもなあ…。

病院など本名を名乗らないとあかん場合は、いつも名乗る前に「カタカナの名前なんですが」と先に行っておくと、相手も心構えができるのか、若干スムーズに進むことが多く、いつもそうしているので、今回も美容院に予約の電話をした際、


お名前は?と聞かれた時に、
カタカナの名前なんですが…と、言ったら
カタカナ様ですね。って速攻で返答された!!!!!!

カタカナ様って!しかもめっちゃフレンドリーに「カタカナ様ですね⤴️⤴️⤴️」ってテンション高く返された。うわ!どうしよ!って思ったんやけど、なんか面倒くさくなって、カタカナ様で予約したった。


「お店に行ったら予約していましたカタカナですって名乗りや」って旦那くんに言ったんやけど、帰ってきた時に新しく作ったメンバーズカード見たら、ちゃんと本名になってた。美容院の人も後から気付いて面白ろかったやろな…。




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2015年1月11日

今年も福袋で失敗…


世間は3連休らしいですねー。旦那くんは明日はお休みではないので、うちらは普通の週末。今日は午前中少し遠くの公園まで遊びにいったので、旦那くんと小猿は只今爆睡中。なんて平和な日曜の午後⭐︎

今日は書きためていたお正月ネタを。


* * * * *

年始恒例の福袋合戦。

最近までは一度も買ったことがなかった。だってあんなん福袋とか言いつつ、在庫処分やん?って思って。値段的にはお得なんかも知らへんけど、中身は自分の好きでない物が入ってる可能性の方が大きい訳で、外れやったら無駄以外の何でもないやん。結局は自分が欲しいものを目で見て確認して買うのが一番!って思ってた。

それが去年(2014年のお正月)。出産を頑張った自分へのご褒美に♡とか思って何を血迷ったか福袋を初めて購入。でも、いつもお洋服を買っているセレクトショップの福袋やから安心やと思っていた。

すると、入っていたのが、

・シンプルなPコート(袖が短い)
・ニットワンピース(レース付き)
・カラーブロックのカーディガン(モヘア)
・マフラー(とんでもなく微妙な色)
・靴下


袋を開けた時はテンション高いし、お!ええやん!って思ったんやけど、徐々に「これも着いへんし…これも…」となり。コートとワンピース(私はレースが大・大・大嫌い)は友人にあげ、カーディガン(同じくモヘアも大・大・大嫌い)とマフラーはリサイクルショップに持ち込み、手元に残ったのは靴下のみ…。しかもペっらぺらですぐにずれる靴下。ほんなら最初から靴下だけ買えばよかったわ!となったんですよ。

もう福袋なんて二度と買うもんかー!と心に誓った。やのに…今年も買ってしまったー。


それが、イッタラの福袋。




1/2の朝に友人から電話が。「買い物来てるんやけど、イッタラの福袋あるで。人員余ってるから並べるけど、いる?」ってー!!

イッタラのお皿は何枚か持っていて、使い勝手が良いし気に入っていたから、最近ちょこちょこ買い集めたりしていた。

欲しい!!!!!

と即答。優しい友人は並んでくれて、先日うちまで持ってきてくれた(涙) ほんまありがとー!!!!


早速ワクワクしながら開けると…





サルヤトンシリーズやった!!!!

サルヤトンのシリーズは好きやけど、全部欲しいパターンではなかった(涙) 全部見事にスルーされてもうた感じ。値段的にもそれ程お得感がない。せめてマグがティッキやなくてメッツァやったらな…。

食器棚のスペースと旦那くんと相談し、結局サルヤトンのディーププレート2枚だけキープして、後はまたお決まりの様にリサイクルショップに持っていくことに。


だ、か、ら!と自分に喝を入れるも、この「ひょっとしたら…」という可能性を信じてしまうからこういう事になる。そして何より「限定」に弱いおばちゃん根性。

買ってきてくれた友達に報告したら「福袋なんてそんなもんやってー!」って言われた。悟っておるな。しかも「来年も買えそうやったら電話するから!」って言われたけど、Noと言える自信がない。


私はいつ学習するんやろ〜。



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2015年1月9日

今年もやっと始動!

かなり出遅れましたが…

あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願い致します。
良い1年になりますように!


年末年始は大阪の実家でぐーだぐーだしていました。ほんま腐ってた。年末年始と言うだけで、こんなにぐーだぐーだしても誰にも怒られへんのが素晴らしいわー。やっとこさ昨日、東京に戻ってきました。


私と小猿は規制ラッシュを回避するため12月中旬に帰省。旦那くんは、クリスマス前に大阪へ。世間は9連休と騒いでいましたが、旦那くんはなんと約2週間お休みでした。家族になって初めての年末年始、小猿の1歳のお誕生日もあったので、ゆっくりお休みできて良かったです。

大晦日は、除夜の鐘が鳴る頃にはすっかり夢の中でした。なんせ我が家は普段から22時就寝なもんで…。翌日起きて、「あ、そうか今日から新年か」って感じで、何とも普通に迎えてしまった。

でも、今年は元旦がとんでもなく良かった☆

家族4代で楽しくおせちを食べていると…外はいつの間にか吹雪!!!元旦に雪が降るなんて、なんて素晴らしい演出!!!あっと言う間に10cm近く積もったので、誰もいない銀世界の公園で3人ではしゃぎまくりました。小猿は人生初めての雪!笑顔でキャッキャ声をだしながら雪で遊んでいる小猿の姿を見て「これはノルウェー人の血だ」とご満悦な旦那くん。いや、私もめっちゃ雪好きやし!

2日は初詣。おみくじは、旦那くんが中吉で私が吉やった。おみくじの内容は、旦那くんのは「なんでも焦らずに慎重に」で、私のは「行動あるのみ」…ってこれ、普段のうちらそのままやん!普段通り生活したらええよって事なんかな。



今年は、ひょっとすると何かと動きのある1年になるかもしれません。全てはタイミングが合えばやけど、どうかな。私はこれまで通り、小猿の成長を見守り、旦那くんを全力でサポートして行きたいと思います。そして、引き続きノルウェー語の上達を目指し、お料理の腕を磨いて行きたいと思います。新しい翻訳のお仕事も決まりそうなので、そちらも良い内容の物に仕上げないと!


さあ、どんな1年になるかな〜!



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ