2015年7月30日

熱血アルファベット教育

最近旦那くんが小猿にアルファベットを教え始めました。

私は全般的に早期教育に反対なので、冷ややかに見ています(笑)

まだ1歳半やし、「言葉は文字で表せる」という概念を理解してへんもん。一生懸命教えても、わからんやろ〜。はやいわっ。

が、熱血教師の旦那くん。どうやら、「アルファベットひとつひとつの音を教えることから始めたら、そのうちに単語も読めるようになる。1歳からでも早くない」というブログを読んだらしいです。音から教える!と火がつきました。

まずは道具から。

友達にもらったお古のアルファベットバスの電池を入れ替え。(これ、音が大きいし、ボタンを押していなくても勝手にしゃべるから、うるさくて仕方がない)



トイザラスでアルファベットのポスターとお風呂用のアルファベットブロックを購入。





ノルウェーで買ってきたアルファベットのマグネットを冷蔵庫に並べてはる。





そして、教育が始まりました。

Mは、MonsterのM!Mmmmmm!(ムーーーーー!)
と言って、モンスターになったふりをして、Mのブロックを持って追いかけ回す。

Sは、SlangeのS!Ssssssssss!(スーーーーー!)
とSのブロックを持って耳元で「Shhhhhhhh!」と言って笑わせる。
*Slangeはノルウェー語でヘビ

Iは、IsのI!Iiiiiiiiii(イーーーーー!)
と言って冷凍庫から氷を出して触らせ、冷たい感覚を楽しむ。
*Isはノルウェー語で氷

こーんなことを、毎日お夕食後に続けてはります。



すると先日、私がキッチンで洗い物をしていた時に、冷蔵庫に貼ってあるマグネットのAを持って来て「ア!」、Mを持ってきて「ムー!」、Sを持ってきて「スー!」、Gを持ってきて「グッ!グッ!」と言っていた!!!

旦那くんの意図通り、それぞれのアルファベットと音をセットにして学習していた…。外を歩いていても、お店の看板などで知っているアルファベットを見ると指差し、その音を出して遊んでいます。



正直、お母ちゃん驚いた。


まだ、知っているのは、A、B、G、I、M、Sくらいですけどね。


なんでも遊びを通して教えてしまう旦那くん、すごいわ。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2015年7月28日

夏のノルウェー帰省?今回はパス!


前々から悩んでいた今年の夏のノルウェー帰省。

結果から言うと、

やめになりました。チーン。



色々と理由はあるのですが…


①小猿が元気もりもり過ぎて、親子ともにフライトに絶えられない

我が家から成田、成田での待ち時間、成田からヘルシンキ、ヘルシンキからオスロ、オスロから旦那くん実家最寄駅までの電車(約90分)。トータルで何時間かかるのか計算もしたくない。

2歳まではチケット代がかからないっていうけど、この陸に上がった魚のような子供を膝雨に10時間以上乗せているなんて、無理。考えただけで禿げる。無理。

手のかからない子は世の中たくさんいると思うし、そういう子なら問題ないんでしょうが、うちの子はそうではないという現実、イヤイヤ期真っ最中という現実、受け止めました。そして帰省は諦めました。

②チケット代が高すぎる

普段だったら12万でおつりが来るチケット代。お盆休み中となると倍。二人で50万でも足りないくらい。2往復できるやん。あほらしー。

③旦那くんはお仕事を休めない

なので、時期を7月か9月のシルバーウィークにずらす事も検討しましたが、旦那くんが夏にかけて大きなプロジェクトを動かしているので、今お仕事を2週間休むなんて、絶対無理だということです。日本の会社でお仕事している以上、これもどうしようもない。

④そこまでして帰る理由が見つからない

結局はこれ。元気もりもり動くのが大好きの子どもに、親の都合で無理をさせてまでノルウェーに帰省しなくてはいけない理由が見つからない。絶対に帰らないといけない理由があるのなら、何としても帰るけど、そんな理由が皆無。

「いやいや、ノルウェーの両親に子どもを合わせてあげましょうよ!」と思いました?実はノルウェーの義父母は2年に1度来日するんです。去年も秋に来日していて、来年も来ると言ってはります。せやから…それでいいやん?

旦那くんも以前は「夏には帰省!」と言っていたけど、彼は4月に1度帰省しているので、帰りたい熱は今年はおさまったみたい。



* * * * *


いろいろ賛否両論多い小さい子ども連れのフライト。今回は回避できそうでよかった。「飛行機に乗る」ということが理解でき、楽しめる年齢になったら、たくさん乗せてあげたいなと思います。

ということで、この夏休みは、おとなしく大阪の実家に帰省。家族で四国の山奥に避暑旅行に行くことになりましたー。海でたくさん遊ぶぞー!うどん食べるぞー!桃狩りするぞー!

私の大阪の実家が大好きな旦那くん。嫁の実家でこれだけくつろげる人も珍しいと思うほど。


あと2週間で大阪…

と、自分を励まし、ゾンビのように毎日頑張っています。




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2015年7月24日

小猿、1歳半の記録



お久しぶりの更新です。

毎日暑いですね…。旦那くんは、自転車通勤を強制的に中止させて、電車通勤をする毎日になりました。すると、出勤時間が少し遅くなり、帰宅時間も早くなったので(自転車だと45分、電車だと20分なので)、小猿と過ごせる時間が少しだけ長くなって、二人とも嬉しいみたいです。

7月中旬から、近所の公園の噴水水遊び場が解禁となったので、毎朝水遊びをして、帰宅後シャワー、昼食、そしてお昼寝、と規則正しい生活が送れています。水遊びは疲れるようで、毎日3時間お昼寝をしてくれるので、その間に家事と仕事ができて、私も気持ちに少し余裕がでてきました。



* * * * *


先日、小猿が1歳半になりました。オメデトー!






今日は1歳半の内科検診を受けてきました。

身長 83.3cm
体重 1015g

カウプ指数が14.7で、いつの間にか「やせ気味」になっていた…。去年の今頃は本当に大きい赤ちゃんで、このまま肥満児になってしまったらどうしようって本気で心配していたのに。あの頃の自分に大丈夫だよって言ってあげたい。


最近は人の真似っこが大好きで、私たちの悪い癖も全て真似をしてしまうので、油断ができません。「子どもは親の背中を見て育つ」ってこういうことなのね…。旦那くんは机に肘をついてご飯を食べる悪い癖があるので、これだけは本当に直して欲しい…。

私がお料理をしていると、自分も棚からお鍋を出してきて、パスタをそこに入れて、スプーンで味見をするフリをして「ンンンー♬」なんて、いっちょまえなこともするように。「いつの間にそんなこと覚えたん!?」と驚かされることも多いです。


一時保育を利用するようになってから、保育園にいるお友達の真似をして、色々とできることも増えて来ました。自分でスプーンを使って食べたり、靴を脱いだり。お友達をこちょこちょとこそばしたり、ジャンプもかなり上手に。お友達の影響って多大!


ここ最近は、夜の寝かしつけの時に、まるで私を寝かしつけするかのように、私にガーゼケットをかけて、お腹をトントンして、頭をなでなでして、ほっぺにチュッチュしてくれるんです。これがもう…絶頂にかわいらしくて。実際に私も寝てしまうことが多くて、どっちがお母さんなんだか。これも私の真似をしてるんですよね。


言葉は相変わらず日本語優位。私が日本語で言っても、旦那くんがノルウェー語で言っても同じ反応をするので両方理解してはいるみたいですが、出る言葉は日本語が多いかな。


ひとつ面白いなと思ったのが、Vann(ノルウェー語で水)の使い方。水道水もVann、雨もVann、お風呂もVann、プールもVann、スープもVann。きっと液体は全てVannと思っているんですよね。全ての車をブーブーと言っていたのが、最近はトラックや救急車(ピーポー)など車の種類を言うようになったので、Vannもそれと同様に分化していくのかな。


* * * * *


子どもは3歳までに一生分の親孝行をするといいますが、もうその半分地点まできてしまいました。毎日可愛くて可愛くて仕方がなくて。もう折り返し地点かと思うと、来年保育園に入れるのを迷ってしまうほど(と言っても、待機児童になる可能性大ですが)。


小猿、毎日たくさんの幸せをありがとう。



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2015年7月4日

やっと平常運転のはずが…


6月末が締め切りだったお仕事も無事に終わり、やれやれ〜、な毎日です。

今回のお仕事は、大学院時代の友人が紹介してくれたものだったので、クオリティを落とすわけにいかず。しかも珍しく英訳のお仕事だったので、いつもとは違った緊張感で頑張りました。先方はとても気に入ってくれたみたいで、安心。これからも定期的にお仕事をいただけることになりそうです。

そして、我が家もやっと平常運転。

な、はずでしたが…夜中にマンマー!絶叫な日々が続いております(白目)。6月の間、お仕事が忙しくてちゃんと遊んであげられへんかったかな…。実は、一番忙しかった時は一時保育に何度か預けてお仕事をしてたので、分離不安もあったのかな…。

かわいそうな小猿…。

ということで、ハッキリとした理由はわかりませんが、

小猿、四六時中荒れております。


まだ1歳半やけど、もうイヤイヤ期に突入したようで、

自己主張がすごいったら!
感情の起伏がすごいったら!
喜怒哀楽ハッキリし過ぎやし!

嬉しいと、キャッハキャッハ倒れ込んで笑い、楽しいとその場でキレッキレのダンスを披露してくれ、気に入らないことがあるとキーキーその場に崩れ込み泣き叫ぶ。見事な地団駄。もう母ちゃんヘトヘトさ。

だって、最近私が読んだ本といったら

「子育てに疲れたときに読む本」
「育てにくいと感じたら」

疲れてるわ…。

小猿が夜中に私を呼ぶので、小猿のベッドで私も寝落ちしてしまうことが多く、朝起きると体が…バッキバキ。もうおばちゃんなんでね。

すると、旦那くんが
きっと一時的なものだから、小猿と君にとって最善の対策をしていくしかない
と言ってくれて(ようできた旦那や〜涙涙涙もうこうなったら覚悟して、3人一緒に寝ることにしたんです。キングサイズのベッドで親子3人仲良く寝ています。

と言っても、旦那くんは超心配性なので、ベッドの4方を囲って、窓には小猿が開けられない様にロックを付けて(←そもそも出窓は高いので小猿は登れない)、ベビーゲートから転落した時のためにゲート横にジョイントマットを敷いて(←そもそもゲートは高くて小猿は登れない)、準備が大変でした。キー!禿げるわー!と何度か切れました。

そしたら、小猿は夜中に何度か目が覚めるものの、隣に私と旦那くんがいるので安心してすぐに入眠し、私も自分のベッドで寝られるので体が痛まない。

一度こうやって一緒に寝てしまうと、また以前の様に一人寝できるようになるまで時間がかかってしまうかもしれないけど、今はこうしないと、ちょっと私が崩壊してしまいそうでした。

とりあえず夜の睡眠は確保したけど、日中の育児の大変さは変わらないので、ちょっと、ブログも危うい感じです。更新できそうな時にして行きます…。



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ