2015年8月31日

ワンワンにハッスル!


こんにちは。

東京に戻ってから忙しい毎日を送っています…。



先週はスイミングで少し嬉しいことが。生後5ヶ月の時から通っているベビースイミングですが、ベビークラスからアドバンスクラスに進級できることに!パチパチパチパチ〜!

最近は潜ったり、バタ足をしたりなど、少しずつできる事が増えてきていたので、嬉しい!上のクラスでも、楽しみながら少しずつできる事が増えて行ったらいいな。



そして先日は、渋谷にあるNHKスタジオパークで開催されていたイベントに行って来ました!いないいないばあのわんわんに会って来たでーーーーー!



わんわん大きかった〜!わんわん白かった〜!

わんわんが登場すると、小猿は不思議そうにわんわんを見ていました。泣く子も続出していたけど、我が子は今にもわんわんに向けて走り出しそうな勢い(笑)

最後にはみんなで一緒に「わ〜お」を踊っていました。わんわんを見ながら一生懸命踊る小猿、そんな姿に母キュン死寸前。



たった3曲だけだったので15分前後でしたが、すぐに飽きてしまう小猿にはちょうどよかったかな。

実は旦那くんも1時間だけ仕事を抜けて一緒に来ていましたが、

小猿よりも君の方が大きな声で叫んでいました

と言われてしまいました(恥)

だっていつもテレビで見てるわんわんが目の前にいるなんて、めっちゃ興奮するやん。会いに行けるアイドルみたいやな…。アイドルにはまるってこういう感じなんやろか。



さ、今週も忙しいけどがんばろっ!


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2015年8月21日

妊婦の時にお皿を投げた話


夏休みが終わり、東京に戻りました。今回のお休みは、大阪の実家に帰省。そして、帰省中に私の家族と一緒に岡山&四国まで小旅行に行ってきました。

この小旅行の目的は、「食」。
四国のおうどんと、岡山の桃。

旦那くんは、日本人は食べ物のために旅行をするのが大好きだ、といつも驚きます。確かに、ご当地グルメ多いし、みんな好きですよね。

彼曰く、ノルウェーでは食よりも自然や歴史探索を目的にした旅が多いと。まあ確かに、そうかもね…。だって、ノルウェー、食文化そんなに…ねえ(笑)


と、これは、我が家では触れてはいけないトピックなんです。

ノルウェーの食文化 VS 日本の食文化


何故かと言うと、旦那くんはノルウェーの食べ物が世界一やと思っていているし私は和食とノルウェー食とはレベルが違い過ぎて比べ物にならないと思っている(もちろん和食>ノルウェー食)から。

私はオーストラリアに7年住んでいましたが、やはりオーストラリアと比べても、ノルウェー滞在中は食が面白くないなと思ったのを覚えています。もちろんノルウェーには住んだことがないので、無知に近いですが…。

* * * * *


数年前、和食がユネスコ無形文化遺産に登録された時のお話です。私は小猿を妊娠中で、細く長く続く悪阻と戦いながら、毎日お夕食を作っていました。

私のオーストラリア人の友人が3年前からノルウェーに住んでいるのですが、彼女がノルウェーは食べ物が高くて美味しくないと嘆いていました。

そのことを旦那くんに言うと、

彼女はノルウェーの食文化を知らないだけだ、ノルウェーにも美味しい物は沢山ある。

と、少しキレ気味な返事が。
まあそうかもね。でも、彼女はノルウェーに行く前、東京に3年住んでいたのでいつでもどこでも何でも食べられる日本の生活に慣れてしまったんよ。


私:日本に住んでたから、余計にノルウェーの食事がつまらなく感じるんとちゃう?

夫:日本の方がノルウェーよりも美味しい物が食べられると言うのか。

私:勿論。和食が無形文化遺産に登録されたの知らんのかいな。

夫:あんなのもの、ただの宣伝活動に過ぎない。和食は寿司が有名なだけだ。

私:ふーん。じゃあノルウェー人はお昼に何食べるん?

夫:パンとチーズ。

私:ふーん。日本はお弁当文化があるやん。私も毎日、栄養バランスを考えてお弁当作ってるけど、あんたは乾いたパンとチーズが食べたいの?

夫:…食べたい。

私:ふーん。じゃあ明日から毎日そうしたらいいやん。晩ご飯はどうする?妊娠してから、毎晩玄米ご飯に一汁三菜で、栄養と彩りを考えて作ってるけど、硬いお肉と茹で野菜の方がいいの?

夫:硬いお肉と茹で野菜の他に美味しい物がノルウェーには沢山ある。君はだいたいノルウェーに住んだこともないのに、なにが分かるというんだ。

私:わからんよ。でも、私がつわりでしんどいのに一生懸命作った和食のお夕食がノルウェーで食べるものより美味しくないと思うんなら、食べんくていいわ。

と、ここまで来た時に、旦那くんが食べていた肉じゃがのお皿とお味噌の入っていたお椀を投げました(笑)投げたというか、はたいた。

いま振り返れば、めっちゃくだらん。そんなことでお皿投げんくてもいいやんっていう笑い話やけど、悪阻と戦うホルモンバランスの崩れた妊婦の私には非常に腹立たしくて、「和食をバカにされる=私の手料理をバカにされる」、と感じ怒りの制御ができひんかった。旦那くんは別に和食をバカにしたわけやないんやけど。

その後2週間程は、お弁当もお夕食も旦那くんの分は作りませんでした。

そしてその後このトピックは禁止に。Agree to disagreeという見解をとることに。

ホルモンバランスの落ち着いた(笑)今は、せっかく文化の交わる食卓なので、両方のいいところを取ったらいいし、比べても意味ないかなと思っています。


* * * * *

そんな旦那くん、今回ばかしは、岡山で食べた桃は、「今までの人生で食べた果物で一番美味しい」と感動していました。何言ってんの、あたりまえやん!


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2015年8月13日

1歳児の想像力



だいぶ色々と言葉を覚えてきた小猿。少しずつ、でも確かに意思疎通ができるようになってきました。

まだ会話とまでは行かないけど、口頭でお願いしたことをやってくれたり、小猿が言わんとすることをこちらが理解できると小猿が喜んだり、やっと人間とコミュニケーション取ってるんやわー!と思うように(笑)

その中でも、最近立て続けに1歳児の想像力が面白いなと思う事がありまして…。



* * * * *

おもちゃの電車で遊んでいたとき、この線路を持ってきて、バナナ!って言ったんです。



確かに!見えなくはない!
このカーブがバナナっぽし、ヘタも付いてる!



別の日、冷蔵庫に貼ってある数字のマグネット。これを指して、でんでんむし!
(まだ上手にでんでんむしとは言えず、「じぇんじぇんむー」と言っています…)


頭を左に倒して見てみてください!

なるほどー!

私には数字の9にしか見えへんかったけど、横向きに見ると、確かにでんでんむしや。まだ数字がわからない小猿には、でんでんむしに見えるんやー!

そして、これも、でんでんむし!



ほんまやー!ちゃんと背中に家乗ってるやん。すごい。

現在空前のかたつむりブーム到来中。ふとみると、床にかたつむりがたくさん積木で作ってあったり…。




そして最後、これは偶然なんですが、私が丸いブロックをぼーっとしながら床に並べていたら、ラーベ!と大興奮。



はじめは「は?らーべ?」と何が言いたいのかさっぱりわからず。でも、はらぺこあおむしの絵本を持って来たので、どうやらノルウェー語で青虫を意味する「Larve」、と言っていたらしく。




同じ配色で並んでいたから気付いたんでしょうね、偶然とは言えこれはさすがに驚いた。それにしても旦那くんはいつの間に青虫なんて単語を教えていたんやろう。この絵本を何回も読んでるうちに覚えたんかな…。



* * * * *

面白いことがあるたびに
私の子どもですから、想像力は良くて当然です。

と、何故かご満悦の旦那くん。

確かに私は左脳派、旦那くんは右脳派なので、そうかもしれへんけど。でも子どもってみんなこんなもんやと思うけどね〜。

頭がやらかいうちに、また色々と面白いことをやって驚かせて欲しいなと思う母でした〜。








にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2015年8月8日

ブログはやっぱり怖い!



我が家は今日から10日間の夏休みです!


小猿は旦那くんにべーーーーたりで、朝起きてからずっと二人で過ごしています。なのでお母ちゃんはめっちゃ楽チン!逆にお休みが終わった後の反動が怖いんですけどね…。それは考えずに、今はお休みを楽しみます!


* * * * *


先日家族でおでかけした時のこと。



出先で、とある家族連れを見かけまして。あれ?なんかどこかで見たことのある子だな、と思ってよく考えてみたら、私がいつも読んでいるブロガーさん一家だったんですよ!

声をかけようかなとも思ったけど、それはそれでどうなのかな〜、「いつもブログを読んでます!」なんていきなり声をかけられたら、ちょっと気持ち悪いかな…、とか思ってるうちに姿が見えなくなってしまって、結局目撃しただけに。

ブログでメッセージを送ろうかなとも思ったけど、後から「どこどこで見ました」と言われても…怖いですよね…なのでやめておきました。

その方は、子どもの写真を頻繁にブログに載せてはって、だから私も直ぐに分かったわけですが、よくよく考えるとそれって、めっちゃ怖い

こうやって、ブログで自主的に公開しているとは言え、自分の家族のことをなんとなく知る赤の他人に、公共の場所で幼い子どもと一緒にいるところを見られてるんですよね。

もし、私にその気があれば、後をつけられちゃうわけですよね…。いや、つけませんよ。でも、やろうと思えばできてしまう。どこに住んでて、とか、わかってしまう。


こんなに人が多い東京でさえ、こんなことがあるんやもんー!もっと人の少ない場所やったら、個人を特定するのなんてもっと簡単なんやろうな。



* * * * *


私の「子どもの写真をブログに載せない」、というのはひとつのポリシーであって、別のブロガーさんには別のポリシーがあって、それが合ってる間違ってるの判断はできないと思う。

でも、やっぱり、子どもの個人情報の保護って、私には譲られへんわ!と再実感しました。不特定多数の人がアクセスできるインターネットってやっぱり怖い!ブログって怖い!個人情報はお金を出しても欲しい人がわんさかいる時代ですからね…。


でも、ブログは悪いことばかりでないのも事実。私も色んな人のブログを読ませてもらって、単純に面白いエンターテイメント的なもの、特に育児や海外生活に関して勉強になるもの、日々の生活の中でしんどいことがあっても励まされるもの、なども多いんですよね。

自分自身、自分の時間をキープできるものであるし、考えや気持ちのはけ口にもなっていたりして(この記事もまさにそうですが…)。

なーんてことがありました。脳内だだ漏れの記事で申し訳ありません…。



最近Facebook疲れしていてアクセスは必要最低限にしているんですが、旦那くんが、「Facebook is like opening the fridge when you are not hungry」という一文をどこかで読んだと教えてくれました。まさにそれやな〜と。Facebook、別にそこまで知りたくない情報がどんどん入ってくるんですよね。たいがい他人のどうでもいい自慢話ばかり(笑)でも開けているのは自分という悲劇。




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2015年8月6日

神過ぎる旦那くん




最近うちの小猿が、かなり高さのある滑り台に一人で登ってすべり降りれる様になりました。そんな小猿の姿を写真に収めようと、普段は持ち歩かない一眼レフを持って公園へ。

さんざん写真を撮りまくった帰り道のこと。ベビーカーに乗っていた小猿がお水が欲しいと言い出したので、ベビーカーのハンドルにかけていたバッグから水筒を取り出そうとした瞬間、

カメラが落下。高さ約50cm。




ふぇえええええええええええ!

と思って電源を入れると、入らず。チーン。

もうね、この自己嫌悪感、言葉では表現できません…。

前からね、旦那くんに「カメラがバッグに入っている時は気をつけないと」と耳にタコができるまで言われてたんですよ。

うわーやってしまったー!
もうほんま、あほ。自分あほ。自分最低。

自分の中で「でも起きてしまったことは仕方がない。修理するしか方法はない」と言い聞かせるも、来週から実家に帰省し、家族旅行をすることになっているので、カメラは必須。海で泳ぐ小猿の姿を写真に収められへんやん!!!!

なんでこのタイミングやねーん!
もう自分最悪最低や。

帰宅してから再度電源を入れてみると、電源は辛うじて入り、写真の再生はできるように。でも撮影しようとすると、エラーメッセージが出てシャッターが下りない。

早速オンラインでメーカーに修理依頼をして、簡易見積もりを出すと、26,000円也。チーン。でも私の責任なので、私が自分のお小遣いから払います。はい。




帰宅した旦那くんに


今日ね…めっちゃ最悪なことをしてしまって…ほんまに反省してるねん。ほんまに…カ…カメラ…カメラを壊してしまった…。

と白状すると、徐にカメラを持ち上げ操作をする旦那くん。どうやら、オートフォーカスの機能が故障しているらしく、マニュアルフォーカスの撮影はできるらしい。


まあそういうこともあります。マニュアルフォーカスを学ぶ良い機会じゃないですか。

って…。

あんた神か!

って突っ込みましたよ、心の中で。

立場が反対やったらあほかー!その脳みそは飾りかー!って怒りまくってたと思う。それやのに、怒らずにこんなに簡単に許してくれるなんて。最悪のシチュエーションやのに、「良い機会」とか言っちゃうなんて。

あんた神やわ。


でもしばらくしてから「いつも気をつけてって言ってたよね」、「小猿の頭に落としてたら怒ってたよ」とチクリと言われましたけどね。

この旅行はとりあえずこのカメラで乗り切って、旅行から戻ったら修理に出すことになりました。もちろん私のお小遣いから。

カメラ本体は90,000円やったから、26,000円だと1/3…くやしい〜!しかも落下という自責の原因なので、保証期間内やけど、保証対象外の修理に…。


ううううーーー!!!!
マニュアルフォーカスめっちゃ上手くなって、最高の写真を撮ってやるー!!!!





にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2015年8月5日

悲しきグルテンアレルギー


⚠︎⚠︎⚠︎おトイレのお話です⚠︎⚠︎⚠︎


最近、小猿がパンを食べるとお腹がゆるくなってしまう…。特に痛がる様子はないけど、出るとゆるいんですよね。

で、疑っているのが、グルテンアレルギー

アレルギーという程深刻なものではないかもしれないけど、旦那くんの家系はグルテンに弱い人が多いんですよ。

旦那くんのお祖父さんは、若い時は問題なかったけど、年を取ってから急にグルテンアレルギーがひどくなり、グルテンを含む食べ物が一切食べられなくなりました。

旦那くんは、昔からパンを食べるとお腹の調子が悪くなったらしいけど、最近それが少しずつ悪化しているみたいです。以前は朝食はパンでしたが、最近はシリアルやオートミールを食べるようになりました。

ノルウェーでは、パンを食べずに生活するなんて不可能では?!と思うくらい頻繁にパンを食べるし、旦那くんも大のパン好き。なので食べられないのはかわいそうやけど、そういう体質なので仕方がないんですよね〜。



グルテンアレルギーの血も、大のパン好きの血も、両方仲良く旦那くんから受け継いだ小猿。パンめっちゃ好き!やのに食べるとゆるゆる…(涙)悲しい…(涙)

お医者さんに相談したところ、検査をしてみないことには「パン→ゆるゆる」という因果関係は確実にはわからないし、成長過程での一過性のものかもしれない、と言われました。また、うちの子は暑くなってからとにかくお水をよく飲むので、それも関係しているのかもしれず。とりあえずは、夏の暑さがおさまるまで様子をみることに。

最近は朝食を和食にして、全くパンをあげていなかったのですが、私がパンを食べているとめちゃくちゃ欲しがるんですよ…。そりゃそうやんね、めっちゃ好きなんやもん。

でもパンをあげると、ゆるゆる〜が待っているので、ネットでレシピを検索して、ノーグルテンパンに挑戦することに。

米粉蒸しパン作ってみましたー!今回はきなこで味付け。



小猿の反応は…微妙!!!

やっぱりパンとはちがうみたいです。パンの時のようなかぶりつきは見られず、指でちびちびとちぎって食べていました。米粉のもちっとした感じが慣れないんですよね。食べるには食べましたけどね…食いしん坊なんで。

小猿…ごめんよ〜。
お母ちゃん色んなレシピを試して、腕あげるから〜!


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2015年8月2日

北欧じゃなくてもベリー摘みはできる!


北欧の夏といえば、ベリーピッキング!

夏にノルウェーに帰省したときは、必ずベリーピッキングに行きます。義両親のHytteの周りには野生のブルーベリーが至るところになっていて、摘みたい放題、食べたい放題。

↓かなり前の写真ですが、ノルウェーでブルーベリーピッキングしている図。真夏なのに長袖のパーカー着てますね〜。




ブルーベリーは地面に近いところに生えているので、かがんだ状態で、専用のスコップみたいなもの(写真で右手に持ってる赤いやつ↓)を使って収穫します。ずっとやってると腰が痛くなる。

その名もBerry Picker


「ベリーピッキングの日」と決められた日は、家族総出で黙々とピッキング。「頑張れば美味しいベリーが食べられる」、「量が多ければ多いほどできあがるジャムの量も多い」と自分たちに言い聞かせて、震える膝と戦いながらひたすらスコップを動かす。

余談ですが、結婚する前に初めてノルウェーに行った時、私が文句も言わずに黙々とベリーピッキングする姿をみた義父が、旦那くんに「この子と結婚しなさい」と言ったそうです。ベリーピッキングをする姿でその人がわかるらしい(笑)

家族(5-6人)で1日ピッキングすると、このバケツ10杯分くらいになります。



これを義父がHytteにいる間にジャムにしてくれます。ノルウェーに帰省しない夏は、自家製ジャムを送ってきてくれます。これがまた美味しいんだー。

この夏ノルウェーは信じられないくらい冷夏らしく、ベリーも不作だとか。義母が「今年はジャムを送ってあげられないかもしれないわ」と心配をしていました。

が、

お義母さん!心配不要です!
ノルウェーじゃなくても、ベリーは摘めますから!



先日行ってきましたよ、ベリーピッキング。

小猿の初めてのベリーピッキングは、できればノルウェーでさせてあげたかったけど、今年は帰省しないので、仕方がない。

私たちが今回行ったところは、我が家から歩いて5分程の、個人の庭先にあるような小さな農園。食べ放題ではなくて、摘んだものを買って持って帰る方式でした。

ブルーベリーは若干酸味があるためか、小猿は意外にも全く口に入れず。まだ赤いものと熟れたものが混在している状態だったけど、私が熟れたのを収穫していると、それを真似して、たくさん摘んできてくれました。

ここのブルーベリーは背の高い木になっていたので、ノルウェーみたいにかがむ必要がなくて、助かった(笑)




暑かったし、小猿が途中で飽きてぐずり始めたため、あまり沢山は収穫できなかったけど、これで十分!これで1200円でした。


小猿はトミカにブルーベリーを乗せて遊んでいました…。


小猿の初ブルーベリーピッキング写真もたくさん撮って満足!

この量やと、生で食べて、ベリーソースを作って、ムスティカピーラッカを作って終わりかな。さすがにジャムが作れるほどの量は収穫できず。


まずはノルウェーワッフルをブルーベリーソースで食べました⭐︎


23区内の近所でこんな体験ができるところがあるのは、本当にありがたいですねー!






にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ