2015年11月30日

外国人女性は宇宙人?


ノルウェーから、旦那くんの妹が大量のクリスマスプレゼントと共にやって来ました。


まさに運び屋やな…。

ノルウェーにクリスマスプレゼントを持って帰るよと言ってくれたけど、せっかく日本まで遊びに来ていて、沢山お買い物もしたいやろうし、お土産も買いたいやろうし、それは申し訳がないから遠慮しました。


思っていた通り、行きたい所がいっぱいあって、土曜日の夕方はスカイツリーの展望台に行くからと、我が家の滞在時間は2時間弱。直前に旦那くんがドーナツを買いに行ってくれて、お茶とドーナツで簡単におもてなし。何とも楽ちんなお客さまでした。



妹は去年も2回来日していて、もちろん小猿とも会っているけど、さすがに小猿は覚えてないよな〜と思ってたんやけど。

昼寝から起きて勢いよくリビングに入り、叔母ちゃんを見つけた瞬間に小猿、硬直

その後もずーーーーーっと、叔母ちゃんをじっと見つめて、ほとんど動かへんかった。妹もそこまで子ども好きってわけではないので、自ら寄るわけでもなく、二人の間にあるのは、微妙な距離感…。



最近はすっかり人見知りをしなくなってきたけど、これは人見知りというよりも…なんやろう、めっちゃ不思議そうに、初めて見るもののように見ていた。

旦那くんが、「宇宙人に見えるんじゃない?」って言ってたけど、まさにその通り。未知の物との遭遇」って感じやった。

不思議なもので、先週オーストラリアから男友人が遊びに来た時は、めっちゃ懐いて、追いかけ回して一緒に遊び、帰る時には寂しくて泣いてたのに。

もしかして…外国人女性を見慣れていないから??



やっぱり旦那くんの友達は男性ばかりやし、私の友達も小猿に会いに来た外国人は男性ばかり。

うちのマンションにはインド人のパパさんとジャマイカ人のパパさんが住んでいるけど、小猿は二人にめっちゃ懐いてて、会うとハイタッチしてるしな…。

やっぱり外国人女性があかんの!?!?



公園や親子サークルなどで会うのは日本人のお母さんだけやし、いきなりブロンドで彫りの深い女性を見てビックリしやったんやろか…。基本的に女の人は好きなんやけど。特に若い女の子。


このクリスマス、もしノルウェーに帰省していたら、ちょっと大変やったかもしれへんな。まあでも子どもやし直ぐに慣れるやろうけど。ノルウェーのお義母さんとは毎週のようにFaceTimeしてるけど、画面は平面やしな(笑)


来週はイタリア人とロシア人の友人(女性)とランチをする予定やから、その時の小猿の反応で確認しよう…。また硬直するんかな。




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2015年11月27日

聞いてません。


RSウイルス、最強。
小猿は峠を過ぎたのか、咳も落ち着いてきました。と、思ったらお母ちゃん発症。幸い小猿程ではないけど、咳が止まらんくて、喉も頭も痛くて、ずっとぼーっとしています。妊婦なので飲める薬も限られているし、ひたすら家にこもってよくなるのを待つのみ。

旦那くんは今週に入ってから少し忙しくて、帰宅が20時を過ぎています。当然小猿は寝た後で、私もつわりとウイルスでぶっ倒れているので、あまり旦那くんと話さない毎日でした。

そして、今朝のお話。

おはよー、の開口一番


明日、妹が遊びに来るから。

…はっ!?!?!?!?妹ってノルウェーの妹?

そう。

…はっ!?!?!?!?

言ってなかった?

聞いてません。

別になんのおもてなしもいらないから。クリスマスプレゼントを持ってきてくれるらしいけど、子どもと少し遊んだらすぐに帰るでしょ。

…はっ!?!?!?!?明日って!家もめっちゃ散らかってるし、私体調不良やし、つわりやし、何もできへんやん!なんでもっとはよ言わへんねん!!!!近所から友達が遊びにくるんとちゃうねんで!

妹だから、イギリス女王じゃないから、妹もなんのおもてなしも期待してないよ。それに前に妹来るって言ったでしょ?

聞いてません。




遥々ノルウェーから遊びに来るのに「なんのおもてなしもいらない」と言われてしまうかわいそうな妹。

ノルウェーから家族が来日するなんて、一大イベントやん!それを前日まで言わへんって…どんなお兄ちゃんやねん!


この妹は、めっちゃ日本が好きで、年に1、2回は来日する。しかも一人でどこでも行けちゃうから、とても手のかからないお客様。マイペースやから、どこかに案内される方が気を使って疲れてまうらしい。今回は、関西を中心に観光するらしく、東京の滞在日数も短いとか。

もう何回も来日していると、こんなかわいそうな扱いになってしまうらしい。

でも、それでも、せっかくノルウェーから遊びに来る義理の家族に、なんのおもてなしもしいへんって…なあ。でも考えたら、今はつわりで何にも作られへんし…。

なので、つわりを言い訳理由に、明日は買ってきたものでおもてなしをしたいと思います。


RSウイルスを日本のお土産にしたくないしな…。マスクして迎えたらびっくりするかな…。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2015年11月24日

「妊娠は全てが神秘☆」と言う人に教えてあげたいつわりの辛さ


昨日から小猿が熱発、激しい咳。もしやと思ったら、RSウイルスに罹患してました…。妊婦がRSウイルスにかかっても胎児に悪影響は無いらしいので、とりあえず小猿がよくなるまで家にこもってます。

私も先週末から、微熱と頭痛が続いていて風邪かな?と思っていたけど、つわりの辛さ方が勝って、風邪が打ち消されてます。



今回はつわりについて。


それは妊娠5週目に突然やって来ました。朝起きたら、ゲローーーっと派手にやりましたよ。「あぁ…これね、これ。覚えてるわ」と、全く嬉しくない懐かしさ。

小猿の時は、8週からつわりが始まったので、今回妊娠がわかった後は「つわりが始まるまでに食べたいものを食べておく!」と意気込んでいましたが、それも叶わず。

私は基本的に食べづわりです。

お腹が空くと吐き気がする。でも食べた後も胃がもたれて吐き気がする。食べても食べなくても吐き気がするんやったら、何も食べへんわ(お腹が空っぽやと吐かなくていいので)と思うけど、そうなるとどんどん体力と体重が落ちてしまうから、食べられるものを見つけて、口に押し込むしかない。


前回は夏前につわりが始まったので、ひたすらベリーを欲していました。さくらんぼ、アメリカンチェリー、ラズベリーにブルーベリー。ベリーが異様に食べたくなり、お取り寄せまでして食べてたな…。しかーし今回は、秋の終わり…。ベリーありませんやん。ベリーが恋し過ぎて、ベリーの夢を見る。

前回はつわりと一緒に、全身の倦怠感、めまいや動悸もあり、安定期に入るまでは廃人になっていました。妊娠8週目〜12週は全く動けずお仕事をお休みさせてもらった。虚無感と罪悪感と親友になり、毎日辛くて、ソファに横たわって太陽が沈むのを待ちながら、ピーピー泣いてたな。

今考えると、前回地獄を体験しておいてよかったかなと。前回があったから、今回が楽やなと感じられる。そして旦那くんも、前回のように変なことで私を苛立たせることなく、どっしり構えてくれているので助かる。

今回は2回目なので、「この辛いつわりもいつかは終わる」という見通しがあり、前回ほど廃人にならずに済んでいます。

つわりが始まって1ヶ月半で体重は妊娠前より3kg減なので、今回はそこまで体重を落とさずに済んだらいいな。


* * * * *


それでも、やっぱりつわりはしんどい。2人目は2人目の過酷さがある。

自分は全く食欲が無いのに、上の子にご飯を食べさせなくてはいけない辛さ。できればスーパーにも行きたくないし、お肉もお魚も触りたくないし、冷蔵庫も開けたくないし、ご飯も炊きたくないし、キッチンで作業をするのもしんどい。

調子が悪いからと言ってまだ2歳にならない小猿を放りっぱなしにしておくわけにもいかへん。まだまだ甘えん坊。まだまだ手がかかる。ふらふらになってトイレへ何度も走りながら、小猿が飽きない程度に遊んであげる大変さ…。

今回は不思議と午前中は比較的調子がよくて、夜に向けて調子が悪くなり、吐く回数が増え、旦那くんが帰ってくる時間には廃人化完了。多分小猿が起きている間は頑張らなあかん!という精神的なものや、身体的な疲れがあるんかな。

小猿を妊娠していた時は、世の中のお母さんを見て「あー、あのお母さんも、つわりを乗り越えて出産しはったんやな」と尊敬の眼差しやった。今回は子どもが複数人いるお母さんを見ると「あー、あの人も上の子の子育てをしながらつわりを乗り越えはったんや」と涙目で見てしまう。



* * * * *



前回もつくづく感じたけど、このつわりが辛い妊娠初期は、妊婦検診を4週毎よりもっと頻繁にしてほしい!まだ胎動を感じられないから、可愛い我が子の鼓動や成長する姿を確認することができれば、もう少し「つわりが辛くても頑張ろう」と思えるのに。

「つわりは赤ちゃんが元気に成長している証拠」らしいけど、トイレでゲロゲロ吐いてる時にそんなことを考えても、実際何の励ましにはならない。「妊娠は全てが奇跡☆」てきにキラキラしている妊婦さんを見ると、正直めっちゃしらける。私は今回もテンションの低い妊婦みたいです。

はやく安定期に入りたい…。はやくつわりとさようならしたい…。はやく「今日はお夕食何にしようかな〜♬」と思いたい。つわりのあほー。

夢の12週に近づいてきて、すこし楽になってきている…気もするような、しないような。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2015年11月21日

クリスマスプレゼント地獄



毎年毎年やって来るこのクリスマスという忌まわしい季節。

いや、クリスマス自体に異論はありません。ノルウェー人にとって大切なイベントやから。ただ、ほんまにやめて欲しいのがクリスマスプレゼント。毎年毎年毎年毎年…もうええやん…。

5人兄弟の旦那くん。姪っ子甥っ子の数も年々増えてます。子どものプレゼントを用意するのは嫌いやない、でも大人のプレゼントは拷問としか表現できない。

もう誰に何をあげたかも忘れるし、何をほんまに喜んでくれはったのかわからへん。私も、もらって困るものが多いし、とにかくとにかく、もう止めたい。今一番欲しいのは、「クリスマスプレゼント制度廃止」の家族間通達。

いつか、「送料がかかるので、私たちのへのプレゼントは要りません。もしどうしてもと言うのなら、子どもの分だけでお願いします」と言いたい。でもまだ言われへん。

旦那くんは、「うちの家族はクリスマスプレゼントを贈るのが大好きやから、気の済むようにさせてあげればい」なんて寛容なふりをしているけど、実は旦那くんもクリスマスプレゼントをもらうのが好きなのでは??と疑っている。

ふぅ…。


でも、ノルウェー人の嫁、今年もぐっと歯を食いしばって頑張りましたで。


つわりでぶっ倒れているので、今年は100%ネットで調達。

今年は「子どもたちは何が欲しい?」とそれぞれの親に直接聞くという荒技を使い、子ども達の分は全て希望通りに揃えました。ガンダムのプラモデルに、新幹線のプラレール、アクセサリーに、可愛いドレス、お人形に可愛い文房具、おばちゃん頑張って見つけたぞ。

食器好きな義姉&義妹は、みんな食器!重たくて送料がかかるけど、もうそんなん気にしてられへん。マリメッコやイッタラなど、日本限定で販売されているものをそれぞれにチョイス。

義母&義父は、富士フィルムでオーダーした小猿のフォトアルバムと来年のカレンダーをプレゼント。これから毎年孫のフォトアルバムやったらあかんかな…?

もちろん、私がめぼしいものを候補として見つけておいて、最終的に何を誰にプレゼントするかの判断は旦那くんにしてもらいます。やっぱりそこは彼の方が家族のことをよく知っているかなと思うし、少しはこのプレゼント地獄に参加しろ!という私の意思表示。


第一弾の食器類は、既にノルウェーに発送済み。重いからめっちゃ送料高くて衝撃的やったわ。今は第二弾のラッピングが終わり、発送するのみ!

プレゼント第二弾!ほぼおもちゃ!


まだ11月やいうのにめっちゃ優秀!

これでプレゼント地獄から解放され、やっと旦那くんと小猿へのプレゼントを考えられる!

夏頃の予定では、今年のクリスマスはノルウェーで過ごそうと思っていましたが、私がまだ安定期に入っていないのと、二人目が生まれる頃にノルウェーの義両親が来日することになったので、今年は日本でクリスマスを過ごすことになりました。実家でゆったりまったり過ごせそうでよかった。

それまでにはつわりが落ち着いていると願い、クリスマスハムを注文しちゃおっかな〜。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2015年11月19日

最高の旦那さん


ちょっと今日は、いつもネタにしている旦那くんのことを、珍しく褒めておきたいと思います。次いつこんな機会があるか、分からへんからね。

妊娠が分かってからというもの、旦那くん毎日毎日頑張っています。

平日は、お仕事から帰ってくると、家事と子育てを全て担ってくれます。なので、私は18時に旦那くんが帰宅すると、指一本持ち上げずにベッドで寝ていられる。

昨日は特につわりが酷くて何もできず、旦那くんが帰って来てバトンタッチ後私はすぐに寝てしまい。でも真夜中に目がさめると、部屋が綺麗に片付けてあって、お洗濯ものが片付いていて、翌日の小猿の昼食まで作ってあった…(涙)


* * * * *


週末は、3食分のご飯を準備してくれて、子育ての全てこなし、トイレ掃除からお風呂掃除、子どもの靴を洗ったり、コンロ周りの掃除まで(私が悪阻で油の臭いが受け付けられなくなってしまったので)、欠かさずやってくれます。

土曜日は上野動物園やプレールームに子どもとお出かけしてくれるので、私は家で静かに過ごす時間が取れて、ゆっくりアロマのお風呂に入ったり。

日曜日は公園や図書館に子どもを連れて行き、普段は体力を持て余している小猿が降参するまで遊んでくれます。そのおかげか?月曜日は小猿も疲れていて、まったり過ごしてくれるので、助かっています。

先週は金曜日に妊婦検診があったので、旦那くんは会社を休んだのですが、この金・土・日の3日間は、小猿のトイレ付き添いもオムツ替えも1回もしなかったな…。

そして、ホルモンの影響でか?いつもより苛立ちまくっている私の攻撃を受けても、売られた喧嘩を買うことなく、菩薩様の様な表情でサラッと受け流してくれる。


あんた神やな、と(私も冷静な時は)思う。


前回の妊娠時は旦那くんがとても忙しい時期やったので、毎日帰宅が遅くて私も孤独やったけど、今回は素晴らしい旦那さん&パッパぶり。頑張ってます。

これだけ頼り甲斐があると、子どもが2人になっても大丈夫って思える。(イライラしている時は旦那くんも子どもに思えて、子ども3人なんか無理やわー!って思うけど)


ありがとね、あと少しでつわりがおさまると思うから。安定期に入ったら、いっぱい美味しいもん作るからね。小猿と3人でいっぱいお出かけしような。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2015年11月17日

妊娠発覚のキッカケ



小猿が1歳になった時から、「二人目が欲しいね」と旦那くんと言っていましたが、なかなか妊娠できず。

理想は2学年差やったわけですが、小猿は早生まれというのもあり、叶わず。

追記:調べてみると、ノルウェーでは2学年差になることがわかり、ほっとしています。小学校入学前にはノルウェーに移住する予定なので、取り越し苦労(笑)

小猿の時は、妊娠に2ヶ月もかからなかったので、正直「なんで?」という気持ちがありました。小猿を妊娠した時からは2歳年を取っているので、妊娠しにくくなっていて当然なんですけどね。

望んでも望んでも妊娠できないとき、街で妊婦さんを見るたびに、「羨ましい」という気持ちの大波に飲み込まれました。だからと言って、自分ではどうにもできない無力感。

(なので、妊娠を望まれる方がこのブログを読むことで不快な思いをされてしまうのでは…、とも思い悩みましたが…、訪問者が決して多くないこのブログやったら大丈夫…かな…)

小猿が1歳半くらいになった時から「もう二人目ができると前提として考えるのはやめよう!」と思い始め、小猿は来年保育園に入れて、私は働く方向性で保育園見学を始めました。

今考えると諦めが早すぎるとは思う。でも、欲しい欲しいと思ってそのことに精神的に囚われるよりも、そう考えるほうが気持ちが楽やったのかもしれへん。

そして夏が終わる頃から体調不良。貧血でフラフラの日々が続き、なんとなく「だから妊娠できへんかったんかな」と推測。

不妊の定義が「妊娠を望んでも1年かなわない状態」と、従来の「2年」から変更されたというニュースを見て、「もうすぐうちら不妊になるな」なんて言って笑っていました。




そして先日、家族でインフルエンザの予防接種を受けることに。インフルエンザの問診票に「女性の方、現在妊娠していませんか?」という質問が。

その時点で生理が数日遅れていたけど、まさかね〜と思って。でも心配性の旦那くんが「念のため」とうるさいので、自宅で妊娠検査をしてみたら、2本の線が入っているではありませんか!陽性!腰抜けたわ。

トイレから飛び出て、旦那くんに伝え、二人でピーピー泣いて喜びました。

旦那くんは私にプレッシャーを与えないためか、最近二人目について何も言わなかったけど、やっぱり彼も二人目を切望していたみたいです。

私は結婚後、20代後半から大学院に進学したのですが、その時に旦那くんと約束したのが、「35歳になるまでに子どもを2人産む」ということ。私がキャリアに突き進むのを恐れた故の約束やったとは思うけど、よく考えると無謀。授かりものやからね、欲しくても思う様に思うタイミングでできるはずがない。でも取り敢えず、あの時の約束を果たせそうでよかったです。

どうかどうか、お腹で元気に育ってくれますように。

* * * * *


インフルエンザの予防接種は、先生に相談をしたら妊娠初期でも接種して大丈夫とのことだったので、水銀を使っていないタイプのものを選んで接種しました。

今回はインフルエンザの予防接種というキッカケで妊娠が発覚しましたが、もしこのキッカケがなくても、翌週から急に始まったつわりで発覚したと思います…。

つわりについてはまた今度…。




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ

2015年11月15日

第二子妊娠!


前回の更新から、また1ヶ月程サボっていました。

と、いうのが、待望の第二子妊娠!

その直後からつわりが始まり、またゲロゲーロな毎日を送っています…。


妊娠について、あまり早い時期から公表することには、やはり迷いがあります。でも半匿名のこの媒体だからこそ、今回が最後となる妊婦生活を記録していきたいなと思いました。

この気持ちを後押ししてくれたのが、最近流産を経験した友人の言葉。「安定期に入るまでは公表しない」というのが暗黙のルールになっているけど、そうなると安定期前に流産してしまった場合、誰も知らない中で悲しまなくてはいけない。短い間でもお腹の中にあった命は、家族以外誰にも祝福されないまま、亡くなってしまった、と。涙ながらに語ってくれた彼女の言葉に心を強く打たれました。

まだ妊娠10週です。先日心拍が確認されたばかり。でも、今確実にお腹で鼓動を打つこの命を心から祝ってあげたいなと思います。

それでも、正直安定期に入るまでは怖いです。先生は、10週を過ぎると流産のリスクが3%以下まで減ると教えてくれましたが、つわりが軽い日や、下腹部が痛む日があると、やっぱり怖くなる。

でも、この子の生きる力を信じて、今の心境を記録して行きたいと思います。



* * * * *



つわりが早い時期から始まってしまい、小猿を外に遊びに連れて行けなかったり、家でも横になってばっかりで、我慢をさせてしまうことが多く、お母ちゃんは毎日罪悪感に苛まれています。

でも、先輩ママが教えてくれたように、「子どもも空気を読んでくれるもの」なんですよね。小猿も小さいなりになんとなく分かっているのか、私が横になっていると、「いい子、いい子」とあたまをなででくれたり、私の横にぴったり寄り添って寝てくれたり。「赤ちゃんお腹におるねんで」と言うと私のお腹にチュッチュとしてくれたり。

小猿がお兄ちゃんになっていくのが、今からとても楽しみ。

前回の妊娠は、初めてのことばかりで困惑し、母親としての自覚がなかなか芽生えず、辛いことばっかりやった。でも今回は、この辛い時期さえ乗り越えれば、どんなに可愛い我が子に会えるかが分かっているので、前回よりは楽しめそうです。前回が超安産やったのもあって、出産に対する怖さも皆無!

…と言うのはきれいごとですけどね。つわり、しんどいです。めげそう。二人目には二人目の大変さがありますね。

あと約1ヶ月続くであろうつわりの時期を、旦那くんの力を借りながら乗り越えたいと思います。



にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ