2017年2月16日

1階のトロールさん


我が家が住む小さなマンションの1階エレベーターホールには、掃除用具などが収納されている小部屋があります。

ここへ転入して直ぐに、旦那くんが長男に「このお部屋にはトロールが住んでいるんだよ」と何気なく言ったところ、長男をそれを鵜呑みにして信じて、今に至ります。

なんて可愛い・・・。

トロールは夜行性だと教えられているので、日中エレベーターを待つ際に大きな声で話していると、「トロールさんが起きるから静かにね」と注意されてしまいます。

夕方暗くなってから下階から物音がすると、「あれ?トロールさん起きた?」と気にしたり。「会いたいね、トロールさん。でもトロールさんが起きて来るまで、僕は起きてられないね」と1階のトロールに思いを馳せたり。

トロールを信じる小猿の姿があまりにも可愛いので、去年のクリスマスには「1階のトロールより」とプレゼントを用意しました。

とても驚きましたが、嬉しかったみたいで、お礼の手紙を書いて1階のトロールのお部屋に手紙を届けました(ドアの下から入れて、後日回収しました)。

とっても可愛いのですが、親としてはこの悪意のない嘘をいつまで続けるべきか、少し迷っています。

そんな最中、先日出かけようとエントランスを歩いている時に、なんとお掃除の方が1階のトロールの部屋のドアを開けていたんです!

おーっと!親のウソがばれる日来たる!と思ったのですが、一瞬だったので小猿は単に「トロールさんのお部屋にお掃除の人が来た」とだけ思ったようでした。「あー僕もトロールのお部屋に入りたかった」と。それに、トロールさんの姿が見えなかったからか、「1階のトロールさんはすごく小さいの?」と不思議に思ったみたいです。


か、可愛いのう・・・。


しかし、これどう収束させたらいいのでしょうか。新しい情報は提供せずに、小猿の言うことも否定せずに、いつか真実を知るのを待つべきなのか。どうしようー。




にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
 



0 件のコメント:

コメントを投稿