2017年2月6日

二人目の赤ちゃんというのは…


二人育児にも慣れてきましたが、二人目の赤ちゃんというのは、本当に「恵」以外の何でもないなと思います。思いませんか?

誤解のないように言っておくと、小猿が生まれた時も、本当に可愛かったし、母親になる喜びを教えてもらったし、子どもとはこんなにも愛おしいものなのかと実感しました。

でも同時に、初めての育児で大変で、わからないことだらけで、あっという間に時間が過ぎて、気がつけばもう1歳!2歳!3歳!という印象でした。



* * * * *


二人目は、心に余裕があるからなのか、赤ちゃん育児を楽しむことができるなと思います。「そうそう、赤ちゃんってこんなのだった」と思えて。同時に、一人目の時はこんなんだったなーって小猿の時の子育ても思い出させてくれて、改めて小猿の成長に感謝できるようになりました。

そして、あっという間に大きくなってしまった小猿と比べて、次男はとても小さい小粒君なので、エルゴにくちゅんと収まっているサイズ感がたまらなく可愛い。小猿は現在の体重が15kgなので、7kgの次男がとてもとても軽く感じて、抱っこが全く重たく感じない。

次男は、小猿があっという間にサイズアウトしてしまったお洋服をずっと着ています。小猿が全く興味を示さなかったおもちゃでいつまでも遊んでいます。「あー、勿体無かったな」と以前は思っていましたが、次男で全て元を取れちゃいました。

小猿ではあんなに苦労した寝かしつけも、次男はふと見ると勝手に寝ていたり…。寝かしつけもコツがわかるので、それほど時間がかからない。

いいことだらけちゃうん!と思うわけなんです。男の子二人、本当に可愛いです。



* * * * *


何よりも、何よりも恵だなと感じるのは、小猿をお兄ちゃんにしてくれたこと。いつもはあんなにハチャメチャで乱暴な小猿も、次男にはとても優しくて、可愛くて仕方がないみたいです。

なんや静かやな…と思って見ると、腹ばいの次男の横に小猿が転がって、「可愛いねー、可愛い唇だね、おててちっちゃいねー、ゴロン上手ねー」と誉め殺しにかかっています。もう卒倒しちゃいそうな程に可愛いです。

次男は、小猿の俊敏な動きがとても面白いようで、小猿がふざけて動き回ったり踊り狂ったりしていると、ケタケタと声を出して笑うのですが、そうすると小猿も嬉しくなって、どんどん動いて、二人でケタケタと笑い転げています。

小猿は顔をお水につけるのが好きではないのですが、次男が笑うから、わざとお風呂で顔をお水にジャバジャバつけて見せたり。「次男が笑ってくれる」というのが、小猿にとって信じられないくらい嬉しいんでしょうね。

次男は歯が生え始めていて、痒いのかすぐに人の指を取って噛もうとするのですが、これ結構痛いんですよね。でも次男に指を思いっきり噛まれても、小猿は「ちょっと痛いよ〜、歯が痛いよ〜」と次男に優しく言うだけなんです。指を見て見ると、歯型がくっきりと残っていて、絶対に痛いはずなのに。



* * * * *


「子どもは二人」と決めているので、自然と自分の中で「この子の育児を楽しまなくては!」と思っているのもあるかとは思います。でも、二人目って、恵だなと思います。

なーんて、同時にお昼寝する二人の息子の可愛いお顔を見ながら書きました。親バカなお話でした。おしまい。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ




2 件のコメント:

  1. 微笑ましいですね。
    子供たちへの愛情がたくさん伝わってきて、そこまで幸せな育児をされているApekattさんが羨ましくもあります。

    兄弟が仲良く、お互いを思いやっているのを見るのは本当に嬉しいですよね。
    うちも次男が赤ちゃんの頃は、長男は本当に可愛がっていました。
    あ、今でも可愛がってます!基本仲良しですが、ケンカもしょっちゅう。笑。
    これからどんどん賑やかになりますよ~

    返信削除
    返信
    1. 思いの外、子育てオンリーの毎日が続いていますので、楽しんでやる!と思っています(笑)

      兄弟って本当に可愛らしいですね。
      でも、うちもしょっちゅう喧嘩してますよー。喧嘩と言うよりも、お兄ちゃんが一方的に「おもちゃ触らないで!」と怒っているだけですが。次男が大きくなって一緒に遊べる日が待ち遠しいです。

      削除